しぶとく残り続ける俺オープンソース



ソフィア・クレイドル、世界初、GPS連動型天文時計BREW アプリのオープンソース提供


今日のこのリリースを見て即座に記事化の指示を出そうかと思ったのだが、
ライセンスが特にwebに書かれてなかったので念のためダウンロードして
ライセンスファイルを覗いてみると、
「商用利用を目的とする場合は、書面による事前の通知と
別途株式会社ソフィア・クレイドルと契約することが必要」とのこと。
ここでの商用利用とは、該当するソフトウェアの販売、配布によって
金銭を得る行為だそうだ。


とりあえず我々が考えている

オープンソース
と相容れないことは確かだが、

もう何年の前
からこの手のオープンソースは絶滅に向かっている
と思っていたので少々新鮮ではあった。


単なる広報の勘違いかなぁとも思っているが、

このあたり
には「オープンソースの

M+ BITMAP FONTS
を使用しています」という記述が見られることから
オープンソースという表現にあまり無頓着なような気もしない。
わざわざ狙って使ったのならあまりいい気はしないな。



追記ケータイWatchでは、オープンソースということになっている。


さらに追記

Venture Now
では、タイトルでもオープンソース、記事中に4回
「オープンソース」と連呼して強調している。Web2.0とオープンソースには
相関があるとかわけのわからない理屈が通るのが、日本のベンチャー業界
というやつかなと思い始めているので、まあそんなもんかという感想。

MYCOMジャーナル
では、「独自のオープンソースライセンス」と
表現している。おそらく書き手は我々が知っているオープンソースとは
違うものであることを認識して、それでも敢えて書いているように見える。

佐渡 秀治 について

President & CEO, OSDN K.K.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク