OSS Roundupも何とか終了

OSS Roundupは初めての試みであるのにも関わらず、個人的にはなかなかおもしろかったと思っている。八田氏とも事後に話したことだが、今回の5人の人選はよかったんじゃないだろうか。小飼さんがやはり効いていたかな。まず小飼さんが走り、それに八田氏が絡む。で、Matzさんが印篭を出して、ときどき妙に説得力のある口上を山根氏が語る。まあ、そんな感じだっただろうか。雰囲気としてはステージ上はかなり空気がゆるいというか、楽しい会話の延長だったかな。

ただ、反省点はやはりあるわけで、まず筆頭は23個もネタは要らないということだろうか。今回はITmediaから送られてきたネタに全部答えようとしたため、とりあえず数をこなすことに集中してしまうことになった。事前に幾つかのネタに絞り、重点的に議論したほうがよかったかもしれない。一つのネタに30分ぐらいとか。幾つかのネタは2時間ずっと続けられる話題だったような気もする。

あとは、進行は誰か他にいてもよかっただろうか。個人的には八田氏にでも振ろうと考えていたのだが、あまりに忙しくて対応を忘れていたら直前まで出演者間で何も約束事を決めていないということになってしまった。なので、そもそも大枠のイベントの主催者である私がいろんな状況を一番知っているわけなので、私がとりあえず進行役を兼ねたのだが、個人的にはツッコミにまわりたかったところだ。

まあ、このあたりは次の機会で改善ということで。次があるのかどうかは気分次第だが。

佐渡 秀治 について

President & CEO, OSDN K.K.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク