NovellがSUSE部門のレイオフを検討?

JupitermediaがNovellのレイオフの可能性についての記事を出している。記事では2005年Q2決算の不調の影響によって、ドイツのSUSE部門を中心に大幅なレイオフの可能性があることを示唆しているが、これが本当なのかはちょっと分からない。ただ、数字が出ていることと、LinuxTodayのBrian Proffittの記事であることから、それなりに信頼性の高いスジからのリークであることは想像できる。

「Recent departures from Novell include former SUSE Linux head Richard Seibt, vice chairman Chris Stone, and chief technology officer Alan Nugent. 」と記事にもあるように少々SUSE関係の幹部の離脱が続いていること、さらにEU圏でのSUSEの影響力が落ちているように見えることもあり、この記事の通りになっても驚きはあまりないのかもしれない。

佐渡 秀治 について

President & CEO, OSDN K.K.
カテゴリー: 未分類 パーマリンク