スラッシュドットはGPL違反指摘の場?

ITmediaにいまさら人に聞けないGPLの基礎という記事。岡村弁護士のセミナーでの講演をITmedia側で記事に仕立て上げたようだ。岡村さんってネットワーク業界専門なイメージがあったが、まあこの界隈もそりゃ範中だよな。

微妙に気になるところは置いとくとして(何かあればmhatta氏が出てくるだろう)、スラッシュドットがGPL違反指摘の場のように登場しているのは興味深い。確かにプロジーとエプソンコーワの件を含めて幾つかのそういった事例があったような気はする。

運営側の身からすれば、まあそれを狙ってたわけでは決してないわけだが、こういった指摘の場としてもスラッシュドットが使われるのは良いことだ。「スラッシュのような場で騒がれる可能性がある」ということがある種の抑止力になるならそれでよいだろう。

佐渡 秀治 について

President & CEO, OSDN K.K.
カテゴリー: 未分類 パーマリンク