月別アーカイブ: 2005年2月

Carly Fiorina、HPのCEOを辞任

いろいろ伏線はあったようだが、かなり突然のCarly Fiorinaの辞任。PC部門をプリンティング部門に統合というニュースが先月あったばかりだが、結局HPの取締役会はこのFiorinaの決定に我慢できなかったのかな。さて次の一歩 続きを読む

コメントする

FUDCon

The first FUDCon has been announced. と出ていたのでFUD (fear,uncertainty,doubt)を扱うとは珍しいイベントもあるものだなと思ったら、Fedora Users & Developers Conferenceだった。このネーミングは狙ってるよなぁ。 続きを読む

コメントする

ルート訪問記の最終回

UNIX USERの今月号が届く。ルート訪問記が今月の101回目で最終回なわけだが、その最終回の訪問先がOSDNジャパン、つまり私のとこ。内容的には大したことないと思うが、安井氏の似顔絵がポイントですかね。私の顔はもう少 続きを読む

コメントする

ジャストシステム敗訴とソフトウェア特許

今週にこの判決というのは実に絶妙なタイミングだったかな。まるで仕組まれていたかのようである。さすがにかつての国民的ソフトウェアの話題だけあってあちこちで騒がれてるが、OSS界隈にとってはIBMとSunの特許無償 続きを読む

コメントする

オソ界の人事異動

まず、Eben MoglenがSoftware Freedom Law Centerを設立した件。プレスの出所がOSDLからなので勘違いしているメディアもあるが、独立した組織としてオープンソース開発者に対して法律相談のサービスを提供するようだ。彼の実績を 続きを読む

コメントする

激動の一週間

世間ではネタにしやすい出来事が結構あったようだが、そーいうときに限って日記を書ける時間がなかった。ま、そんなもんだ。GPL絡みでも最近ちとあるようだが、Okujiさんは的確だなぁ。こーいうときにmhatta主筆に頑張っ 続きを読む

コメントする