月別アーカイブ: 2005年1月

SunのOpenSolaris戦略、前哨戦はボチボチ?

さて、OpenSolarisの件である。NewsForgeにも出てたようにDTraceという機能のコードだけがCDDL (Common Development and Distribution License)で公開されたわけだが、公開から40時間でダロンロード数3683件(CNet)という記事が出ている。この数字 続きを読む

コメントする

オランダはハッカーの国

私の昨日の日記にOkujiさんがコメントしている。以下、興味深いところをかなり抜粋。
オープンソースに関わる技術を育てていきたいと考えるのであれば、見るべき国は米国ではなくオランダであると思います。

続きを読む

コメントする

Debianは個人の働きの寄せ集め

武藤先生がとうとうelmoをつかまえた。IRCにも出現してるのか、gotom先生も「キター 生きてるよ!」という発言。流れをみてると、とりあえずは三歩進んで二歩半下がるぐらいかな。しかし、最近のDebianを見ていると、gotom先 続きを読む

コメントする

SF.netの登録開発者が100万人を越える

ついさっきSourceForge.netを訪問。そして、
Registered Users: 1,000,300登録ユーザが100万人を越えていることを確認! SourceForge.netが正式に開始を宣言したのは確か2000年1月の頭あたりなので、ちょうど5年で100万人に到達したという 続きを読む

コメントする

オソ世界は多様

またまたOkujiさんとこから。私にはなぜよくアメリカとヨーロッパが混同されるのか理解に苦しむのですが、日本とアジアを一緒くたにするぐらい、強引な話のように思えます。もっともフランス人の多くは日本とベトナム 続きを読む

コメントする

フリーソフトウェアの世界は結構綱渡りに近い状態

Okujiさんのひとりの開発者がいなくなっても問題なくやっていけるのだろうかより。一体世の中で「オープンソースにすれば世界中の有能な開発者が集まり、コミュニティの巨大さによって開発が促進される」なんていう幻 続きを読む

コメントする

八田真行、始動

年末には一応プレスを出していたが、mhattaが動きだしたようだ。この2年間、jlcを実質的に編集を担当してきたのは私である。編集とは言っても、私が担当するということは他の幾つかの仕事と兼務(OSDN Japanのトップという 続きを読む

コメントする

オソな人

あらら…。Andrew Tridgellの名前って、こんなに通じないのね。Samba TeamとしてはJeremy Allisonの方がまああっちゃこっちゃに出て行くし、性格的にもパンクなので知られているような気はするが、Andrew Tridgellも同じくらい有名だ 続きを読む

コメントする

Andrew Tridgell Joins OSDL

うーむ、Andrew TridgellまでもがOSDLか。待遇はLinusと同等のフェローでSambaへのコミットだけに集中することが許される。それにしてもなぁ。 続きを読む

コメントする

LSB 2.0.1 submitted to ISO

Link: LSB 2.0.1 submitted to ISO LSB 2.0.1がISO標準化プロセスへ。 続きを読む

コメントする